東方の海

サブカル考察など。

Androidスマートフォンはカメラの不具合が多いことが知られている。最近のSony Xperiaのサイドのカメラボタンは半押し(フォーカス)と全押し(シャッター)で二段階の機構になっており、通常の押し込み等による故障ではカメラボタンの全押しのみが反応しなくなる。今回、Xperia XZでカメラボタンの半押しのみが故障し、プリインストールのカメラアプリ内でのみカメラボタンが反応しないという珍しい事例を経験したので報告する。

近年、高機能なスマートフォンを持つ人が増えているが、破損や不具合などのトラブルも多い。
によると、Blancco Technology Group社の2016年第二~第三四半期の調査結果から、
  • iPhoneの故障率はAndroidスマートフォンより高い
  • iPhoneはハード面は堅牢だがソフト面のクラッシュには弱い
  • Androidはソフト面で不具合が起きにくいがハード面の不具合には弱い
  • Androidのハード面の不具合ではカメラ・電池・タッチ画面の不具合が多い
ということになる。

今回、筆者の所有するXperia XZにおいて、プリインストールのカメラアプリ(以下「カメラアプリ」)内でのみカメラボタンが反応しなくなった。
  • 利用開始当初はカメラボタンは正常であった
  • 利用開始から約1か月後に突然この不具合が発生し直らなくなった
  • 通常画面でカメラボタンを全押しで1秒以上押し続けるとカメラアプリは正常に起動した
  • カメラアプリ内でカメラボタンは全押し・半押しともに反応しなかった
  • Twitterアプリ内での撮影機能ではカメラボタンの全押しで正常に撮影できた
  • Twitterアプリ内での撮影機能ではカメラボタンの半押しは正常に撮影できた
  • カメラアプリや本体の初期化では直らなかった
という状態であった。なお、カメラボタンの半押しが可能なスマートフォンはXperiaなど一部のスマートフォンのみであり、Twitterアプリ内での撮影機能では元々カメラボタンの半押しは利用できない。
そこで、半押し機能のみが故障したと考え、修理を依頼した。

修理にて、カメラボタンの故障が確認され、基盤ごと交換となった。修理後の本体の動作は全て正常であった。

以上より、カメラボタンの二段階押しのうち、半押しのみが故障したと結論づけた。
また、これにより、Xperiaのカメラアプリでは、
  • フォーカスは半押しのみの反応が必要
  • シャッターは半押しと全押しの両方の反応が必要
ということが判明した。これはデジタルカメラにおける「フォーカスを合わせてからシャッターを切る」という撮影方法に合致しているが、半押しの故障時には撮影自体ができなくなるという予想外の不具合を孕んでいた。
力が加わるのは全押しのときであり、通常は半押しより全押しの方が故障しやすく、その場合は「カメラボタンでフォーカスは合わせられるがシャッターが切れない」という状況になる。一般に見受けられる不具合報告はほぼ全例このタイプであり、今回の一例は極めて珍しい故障の種類と考えられ、ここに報告するに至った。

この一例から、Xperiaの二段階押しができるカメラボタンはAND回路で構成されていると考えられる。
AND回路の二段階ボタンでは、半押し(BS1)と全押し(BS2)の両方のスイッチがあり、BS1出力とAND出力がある。AND出力ではBS1とBS2の両方がONになったときにONになり、これによりハードウェア的に押し分けが実現できる。これは製造コスト的に現実的である一方、BS1が故障するとAND出力もなくなり、BS2が故障するとAND出力のみがなくなる。電気抵抗を用いた場合は、押さないと0、BS1のみ押すと0.5、両方押すと1の信号、などと簡略化することも可能である。
「半押しが故障しても全押しが機能する」ためには、2つのBSを独立させるかOR回路にする必要があるが、いずれにしてもボタンが故障した場合の対処はボタンの交換であり、通常は半押しだけの故障はほとんど起こらないことも加味すると、現状の対応は妥当と考えられる。

XperiaのカメラはSonyのデジタルカメラ技術が応用されていると言われており、Sonyだけでなく一般的なデジタルカメラでも半押しのみが故障した場合は撮影ができなくなると考えられる。
一般的なデジタルカメラで半押しのみが故障した場合、ボタンを押しても反応しなくなると想定され、対応としてボタン交換修理はすぐに想起されるだろう。しかし、Xperiaで半押しのみが故障した場合、カメラの起動は可能だが撮影は不可能でありアプリの不具合の可能性も少なからず考えてしまい、対応としてボタン交換修理はすぐには想起されにくい。このことに注意が必要である。しかし、Xperiaの公式カメラアプリに関してはソフトウェアの不具合はほとんど報告されておらず、これはカメラボタンの物理的故障と考えるべきである。アプリの不具合とボタンの故障以外でこのような状況を引き起こす原因は理論上存在しないと考えられる。

結論:Xperiaにおいて公式カメラアプリ内のみでカメラボタンが全く反応しなくなる場合がごく稀にあり、この場合はカメラボタンの半押しのみの故障を考慮すべきである。
スポンサーサイト
2017.11.18 13:03 | 未分類 | トラックバック(-) | コメント(0) |

ネットの一部で話題になっているダイソーの名刺入れを遂にゲットしました。

品名は「ジョッタータイプ名刺入れ」(税抜150円)。

黄土色から黒色まで何色かあるらしいですが、近所のダイソーには中間の茶色しか在庫がありませんでした。パスケースや名刺入れのコーナーではなく、革財布のコーナーにあるので、探す際は注意してください。


2017.04.12 03:37 | 未分類 | トラックバック(-) | コメント(0) |
腕時計の買い換えレポートです。

私はCASIOのAW-S90-1A1JFを愛用していました。ホームセンターで4400円ほどで購入したものです。電波時計ではないですが、ソーラー時計で、G-SHOCKと迷ってこちらにしました。安い割には使いやすく、長持ちしたと思います。
この時計は、バンドが切れて2回交換(時計店で18mmのを削ってもらって1600円ほど)してもらいつつ、6年ほど使っていました。
この1年ほど、充電池の容量が低下し、明るいところに置いておいても暗いところに持っていくと数時間でLOWになったり日付がリセットされたりするようになりました。電池の寿命ですね。
ソーラー時計は電池交換不要と言いながら、基盤やソーラー部は無事でも充電池は劣化するという罠があります。たいてい6~10年で駄目になるようです。

ということで、この腕時計の処遇を検討しました。

まず、買い換える場合。
候補を探す際、ソーラー時計でもどうせ電池交換が必要になるので、電池式でもOKとしました。また、電波時計でも1か月に数秒しか変わらないので、電波なしでもOKとしました。
そこで、この腕時計と似ていて有力だったのが、CASIOのAW-80-1AJF。チプカシの1種で、Amazonだと1760円で176pt還元ということで、実質1584円、電池はCR2025です。
Amazon|[カシオ]CASIO 腕時計 スタンダード AW-80-1AJF メンズ|国内ブランド 通販
買い換えるならこれでいいでしょう。

次に、電池を交換して使い続ける場合。
電池交換の方法は以下のページにわかりやすく載っていました。
カシオの一般的な電池交換の方法 : 腕時計、また買っちゃいました。
AW-S90-1A1JFの電池はFDKのML2016でした。3Vの二酸化マンガンリチウム二次電池で、互換品がありません。
ボタン電池 ML2016の規格や互換品などの詳細情報
ML2016はAmazonなどで買えますが、1350円と割高でした。
Amazon|CASIO[カシオ] G-SHOCK タフソーラー用 純正二次電池[充電池]FDK ML2016 太陽光発電|国内ブランド 通販
なお、CR2016と同サイズ同電圧ですが、ソーラーパネルからの電流で腕時計が故障するか電池が液漏れするかで危険と思われたので、これはやらないことにしました。
参考として、ソーラー腕時計に1次電池を入れて経過観察しているページ(CTL1616をCR1616に交換)がありました。これは危険であり責任は負いかねます。
G-SHOCKタフソーラーの電池交換(CTL1616からボタン電池へ)と経過報告 - 中野智文
1次電池にすると、ソーラーパネルからの電流のせいか、6~2か月しか持たないようです。これならいくら安いからとはいえ1次電池を入れるメリットがありません。
同じ本体を使い続けるなら1350円で電池交換をすることになりますが、本体(基盤)の劣化・減価償却も考えると、これはデメリットが大きいです。

以上を踏まえて、結局、AW-80-1AJFを買うことにしました。とりあえず付属の電池で試そうと思いますが、CR2025を買って自分で電池交換をする場合は最長10年電池交換不要とのことで、期待しています。
こんなに安くて良いものが買えるとは、すごい世の中になりましたね。その分お金が回りにくい経済になっているとも言えるのですが。。。
以上、腕時計についてのレポートでした。
2017.04.04 03:41 | 未分類 | トラックバック(-) | コメント(0) |

みなさんはt検定をしたいと思うことが多々あると思います。

コンピューターは便利なので、関数を入れれば勝手に計算してくれます!すごい!


さて、Excelのt検定でp値とt値を出してみましょう!

確率(p値)=T.TEST(集団1,集団2,2,2)

3つ目の変数は片側なら1、両側なら2です。

4つ目の変数は対応ありなら1、対応なし等分散なら2、対応なし非等分散なら3です。

さて、計算の結果、(p値)=0.08となったとします。

また、自由度=22とします。

  • (t値)=TINV(0.08,22)=1.835417
  • (t値)=T.INV(0.08,22)=-1.45424
  • (t値)=T.INV.2T(0.08,22)=1.835417

!?!?!?!?2つ目のだけ値が変わっています……。これはどうしてなのでしょうか(疑問)

実は、1つ目のTINVはExcel 2007までと互換性を残すための関数です。2010あたりからT.INV系が使われ出したのですが、2007までのTINVにあたる関数はT.INVではなくT.INV.2Tだったのです!!!!

よく説明を読んでみると、

  • TINV:この関数は Excel 2007 以前のバージョンと互換性があります。スチューデントの t-分布の両側逆関数を返します。
  • T.INV:スチューデントの t-分布の左側逆関数を返します。
  • T.INV.2T:スチューデントの t-分布の両側逆関数を返します。

ということでした。説明はちゃんと読もうね!!!!!!(泣)

TINVに.をつけたら違う機能になるのはやばいでしょ!!

2017.01.26 00:18 | 未分類 | トラックバック(-) | コメント(0) |

今更ですが、備忘用にアイデアを書き残しておきたいと思います。


サードパーティー製Twitterクライアントの事実上の排斥も落ち着き、いくつかのクライアントが生き残っていますが、1つだけ作ってみたい機能があります。

それは、「マルチアカウントを統合したタイムラインのログ保存」。


私は最初デスクトップ用クライアントとしてTweenを使っていて、ログ保存を行っていました。しかし、データが膨大になり、解析もできなそうなので泣く泣く放棄。そこで私は思いました:


マルチアカウント全てのストリームを統合したタイムラインとログ取り機能がほしい!


やることはシンプルです。

  1. オープンソースであるOpenTweenをベースにする
  2. 複数UserStream同時受信に対応する
  3. 全ての受信データを1つのタブに集めるようなタブを作る
  4. 自動CSV出力を付ける

のみです。しかし、さすがに時間の余裕もないのでこれは今のところお蔵入りとなっています。

あと、デスクトップアプリでログ取りをするにはパソコンを起動し続けなければならないので、もしこれができたらレンタルサーバー上に配置すれば自動ログ取得してくれるサーバーアプリも作れると嬉しいなと思ったけど、優先度は低いですね。

2017.01.13 17:33 | 未分類 | トラックバック(-) | コメント(0) |