東方の海

サブカル考察など。

しばらくぶりのラブライブ劇場版についてです。今回は作中での時間進行についてまとめたいと思います。ネタバレを含みます。




















出来事の表

幼女時代(劇場版回想部分)
穂乃果、ことりと海未の前で池を飛び越える。ここで『SUNNY DAY SONG』の曲が初出。

穂乃果が高校2年生
テレビアニメ1期→テレビアニメ2期。

穂乃果が高校2年生での卒業式(劇場版1日目)
2期終了後、ドームライブの話が舞い込む。親鳥宛にNYのテレビ局から手紙が届き、NY行きを決める。パスポートを申請する。東京では祝日がない限りちょうど1週間後に受け取れる。

2日目~8日目
『Angelic Angel』の練習と旅行の準備。8日目にパスポートを受け取る。

9日目
朝11:00頃に成田空港を出発。約12時間45分のフライトの後、現地時間の当日の朝10:45頃にJFK空港に到着。
行きの座席
 後ろ
EDC通BA窓
希に絵真海
 花凛穂こ
11:00頃にタクシーで出発。12:00頃に到着。海未たちが迷子になって15時頃に全員到着。
ホテルの部屋割り
海未・ことり(ババ抜きのダブル部屋)
希・真姫(シャワーのあるダブル部屋)
凛・花陽(夜景が見える部屋)
穂乃果・にこ・絵里(ハネムーンベッドの部屋)
カップケーキを食べた後食事に出かけて戻って終わり。

10日目
朝にセントラルパークをランニング。昼はホテルでランチ、午後はNYを観光索し、17時ごろにロックフェラーセンター屋上の展望台で会話。降りると雨になっており、1年生たちが『Hello, 星を数えて』を踊りながらブルックリン橋に移動し星空になる。
夜、ホテルでパンを食べるが、花陽がご飯が食べたいというのでGOHAN-YA(大衆居酒屋ケンカがモデル)でさらに夕食。
夕食後、穂乃果が迷子になり、女性シンガーと遭遇、ホテルに戻る。

11日目
日中はタイムズスクエア前でライブの準備。夜はタイムズスクエア前で『Angelic Angel』を踊る。

12~13日目
8:45頃にJFK空港を出発。11:10頃に成田空港に到着。
帰りの座席
 後ろ
窓GF通ED
 絵希
 凛真 海花
 こ穂 に
空港で待ち構えていた女子高生にサインを求められる。
14:05頃、リムジンバスで秋葉原へ出発。14:55頃、秋葉原に到着。人気が出ており、隠れながら移動。3年生たちが『?←HEARTBEAT』を踊りながらそれぞれの自宅に帰宅。穂乃果宅に集合し、今後について話し合う。

14日目
学校に行くと、生徒に追い掛け回され、穂乃果が緊縛される。昼頃、部室で次のライブの曲を聴く。そこに親鳥がきてμ's存続を要望する。午後、μ'sの9人は悩むが答えが出ない。家に帰ると雪穂と亜里沙が部屋に入ってきて話をする。その後ツバサからドライブに誘われてドライブ。穂乃果は夜にUTX前から歩いて帰宅。

15日目
この日は雨。穂乃果は制服で午後に秋葉原をうろついていると、女性シンガーと再会。家の前まで連れてくるものの、引き返し、前の問いを投げかけられ、飛べるよと言われる。寝ている夢の中で、女性シンガーに励まされて大きな池を飛ぶ。

16日目
絵里からメール。穂乃果は神田明神に寄ってから朝8時頃屋上へ。そこでスペシャルライブの話を持ち出す。即ツバサに相談しUTXを訪れ、賛同を得る。すぐに全国のスクールアイドルにメールを送り、その日の午後に会える範囲で会うことにし、2年生たちが『Future style』を踊る。

17日目
朝からスクールアイドルたちを訪れる。
ことり・花陽・にこは隅田川、穂乃果・絵里・真姫は原宿、凛・希・海未は井の頭公園を訪れる。その日の午後に学校に戻ってくると、既に20組から参加表明をもらっている。そこにA-RISEが手伝いにきて、μ'sと力を合わせて歌詞制作・曲制作・衣装制作を行う。

18日目
前日準備。朝から1日かけて露店で資金を稼ぎスペシャルライブのステージを作る。夕方、通し練習の前にμ's解散宣言をする。

19日目
スペシャルライブ当日。8時頃、μ'sは朝から移動を開始。UTXまでの競走で穂乃果はアネモネの花びらを見かける。既にスクールアイドル約300人80組が着替え終わって秋葉原に集結していた。昼頃からスペシャルライブ開始。全員参加の『SUNNY DAY SONG』をはじめ、地域ごとに多数グループが合同で同じ曲を踊るパフォーマンスが繰り広げられる。
16:30頃に閉幕し、記念写真を撮る。

同年4月
旧3年生組が卒業。旧2年生組はアイドル活動を休止。花陽部長・凛・真姫の旧1年生組がアイドル研究部を率いる。雪穂と亜里沙が音ノ木坂学院に入学して入部し、晴れて音ノ木坂学院のスクールアイドルとなり、2人組で活動を始める。

翌年1~2月
第3回ラブライブ!全国大会がアキバドーム(東京ドームがモデル)で行われる。

翌年4月
旧2年生組が卒業。旧1年生組はアイドル活動を休止。雪穂が部長となり、雪穂と亜里沙の2人がアイドル研究部を率いる。

翌々年1~2月
第4回ラブライブ!全国大会がアキバドームで行われる。

翌々年4月
旧1年生組が卒業。雪穂と亜里沙は3年生になり、ここまで2人でスクールアイドルをしてきた。新歓で新たな新入部員を迎える。

翌々年6月(劇場版の最後)
ラブライブ!特別大会がアキバドームで行われる。全員高校を卒業したμ'sがゲストで呼ばれ、ラストライブで『僕たちはひとつの光』を踊る。

のような感じになっていると考えられます(根拠の薄い推測を多分に含みます)。卒業式を含めて少なくとも19日はかかっており、卒業式はおそらく3月8日(日)前後が限界ではないかなと思います。


参考文献

京極尚彦(監督).(2015).『ラブライブ!The School Idol Movie』(映画).2015 プロジェクトラブライブ!ムービー.(リストでサイトタイトルを囲む「」以外で断りのない「」内の言葉は全てこの作品から引用)
スポンサーサイト
2015.08.14 02:03 | ラブライブ! | トラックバック(-) | コメント(0) |
先日、魔騎士を受けてきました。188クレ目でした。その様子をレポートいたします。

まず、コース選びから。
当時既に単曲ノマゲクリアしていた課題曲は、放課後ストライド・Engraved Mark・有頂天ビバーチェ・Bad Apple!! feat. nomico・Absurd Gaff・メイガスナイト ~Arr.Demetori・Dynastyのみでした。これらの曲目からして、魔騎士を受けるなら候補コースは1B・1C・3A・3Cに絞られていました。
魔騎士では、3Aのメイガスナイト ~Arr.Demetori Demetori・PANIC HOLIC・Hyper☆Chipspaceの回が一般的に最も簡単と言われています。メイガスナイトはクリアしていましたが、PANIC HOLICは未クリア(約60%)、Hyper☆Chipspaceはサビの強化版セツナ配置のせいで未クリア(約40%)で、当時受かる見込みはありませんでした。
また、ボスが未プレイな1B・3Cに初見で挑むのはもっと危険でした(ブロックがあまりにも不足していてインプットすらできていませんでした)。3CのScarlet Pinheelがインプットに約2000Blcもかからなければ、たぶん3Cを選んでいたでしょう。
そして残ったのが、1CのBad Apple!! feat. nomico・Absurd Gaff・HAELEQUINの回のみでした。Bad Apple!! feat. nomicoは約95%クリア、Absurd Gaffは直前に100%クリアを達成していました。なお、HAELEQUINは初回で63%クラッシュをしたものの段々落ちてきていて直前で18%クラッシュをしていました。HAELEQUINは魔騎士の中でもクリアは相当難しい曲らしいと知ったのは魔騎士を受ける直前でしたが、できそうなコースがこれしかなく、できそうと感じていたので受けてしまいました。

魔騎士1C1曲目

1曲目はこのようになりました。14中盤で既にクリアしていたからか、安定して9300k・90%クリアができました。Sゲージだと95%は残りませんでしたが、次のGaffがあるのでカバーできる範囲内でした。

魔騎士1C2曲目

2曲目は以下のようになりました。悪林檎からちょっと回復し、95%まで戻りました。スコアは低く、途中で70%程度まで落ち込みましたが、後半で立て直してなんとか持ちこたえました。これならハーレができなくても通過できると思いました。

魔騎士1C3曲目

そして3曲目は以下のようになりました。ハーレは5回ほど練習していたので、中盤まではほぼ落とさずに高レートを保っていました。後半の難所直前では98%残っていました。これなら余裕だと思いました。
ところが、わずか十数秒の難所で、鍵盤苦手の私の地力では一気に削られていきました。だいたい適当に押していれば、EFゲージでは30~40%程度削られるだけで済んだのに、今回は3%まで落ちました。その落差、なんと95%。30%以下ではゲージ減少緩和があるのも考慮すると、圧倒的な落差です。ブラスターモードでもここまで一瞬で落ちた経験はなかったと思います。これは想定外でした。指を動かしながら、「あっ、落ちる」と直感して茫然としました。
難所の最後、ラスト直前のトリルのところがちゃんとハマったので、3%で減少を食い止めて5%でクリアできました。

と、こんな感じで、魔騎士に合格しました。まさかハーレにここまでやられるとは思ってもいませんでした。が、このコースは1,2曲目で100%近く取ってハーレ難所直前で95%程度残っていれば、乱打が苦手でもクリアできうることが証明されました。ただ、どう考えても通常は3Aの方が楽でしょう。ハイパーチップスペースのセツナ配置では適当に押したとしてもここまでは削られないでしょう。

そして、ハーレを超えた後にもう一段階難所がありました。称号変更プロンプトのときに写真を撮っていたら、なんと勝手にカーソルが移動し始めたのです。左右のつまみを回して見たものの、カーソル移動は止まりません。確率2分の1で称号を魔騎士に変更できるゲームと化しました。……負けました。そして称号は麗華のままになりました。
つまみの機構は放置してるとだんだん電気がたまって誤作動を起こすのかもしれません。強制終了や感電などがなければまあいいやとは思いますが、回転方向逆認識の問題もあり、つまみの電子回路はぜひとも改善してほしいと思いました。

なお、1コースでもクリアできそうなら次の段位を受けてしまうのは、「一応称号取ったんだしその課題曲までの譜面ならもっとできるはず」という謎の自信がよい影響になると思うからが大きい理由です。その後ボスに再び挑む時がつらいのですが、だいたいのコースがクリアできるようになってからでもいいのですが、先に合格できればアメと小さい目標が増えてメリットかなと思います。ただ、舞い上がり過ぎないようには気を付けています。まだ経験が浅いので、メンタル面やコンディションが技術面よりも影響があるので、メンタル面を優先した感じです。ただ、これにはかなりのトレードオフが生じる場合があるので、人によるでしょう。特に、1回で合格できなかった場合はたいていつらいことになると思います。雷電は1回取った後に他のコースに何度も挑戦してスキアナ落ちは経験しましたが、1回目ではないのであまりショックは大きくありませんでした。

以上、電子の雲の向こう側からお伝えしました。
2015.08.14 01:53 | SOUND VOLTEX | トラックバック(-) | コメント(0) |