東方の海

サブカル考察など。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

横着な自炊マンにとってはQOLが爆上がりするマストアイテム、「魚粉」を入手しましたのでレポートします。

魚粉は「だし粉」「削り粉」などの名称で売っていることが多いです。魚介系つけ麺には欠かせない魚粉ですが、スーパーで買うととても高いので困っていました。


まず近くのイオンに行ったところ、家庭用のものがありました。ブランド品で高いです。


次に最近話題の業務用スーパー、「業務スーパー」で探しました。魚粉は昔は取り扱っていたような感じですが、現在はほとんど売っていないようで、1商品も見つかりませんでした。


半ば諦めて西武グループのSEIYUに行ったところ、なんと3種類も置いてありました!しゅごい。

です。お好み焼きなどの粉もの用であれば、かつお粉末一択です。ただ、今回は汎用で特に味噌汁・麺類用に使えるものを選びたいので、吟味しました。


ラーメン用には、

  • 鰹(かつお)…鰹節が一般的。濁りは少ない
  • 鰯(いわし)…煮干しが一般的。濁りは多い
  • 飛魚(とびうお・あご)…焼きあごが一般的。濁りは少ない
  • 鯖(さば)
  • 鯵(あじ)
  • 鶏ガラ
  • 豚骨
  • 昆布
  • 干し椎茸

のいくつかをミックスして使うのがよいでしょう。しかし、鶏ガラ・豚骨・昆布・椎茸は高い上に面倒なので、なるべく使いたくありません。また、魚も自分で調製するのは面倒です。


これを考えると、

の2択です。ここで、後者は重量当たりが見つけた中では最安で、前者の約3.6倍お得であることを考えて、後者にしました。


インスタントラーメンに入れてみる……。うまい!!

安いカップ麺に入れてみても、汁を簡単に飲み干せそうな勢いです(塩分もさることながら、普段はよほど気に入ったものでないとなかなか飲み干しません)。


今度味噌汁にも入れて試してみようと思います。かね七の「あわせ粉末」は煮干しが使われておらず濁りが少ない(パッケージにも売りのポイントとして書いてあります)ので、これは期待できます。


なお、かね七の「あわせ粉末」のパッケージを開ける際、手で開封しようとしたらチャックの根元近くまで破れてしまい、開けづらくなってしまいました。ちゃんとハサミを使って開けましょう(パッケージにちゃんと書いてあります)。


ちなみに、かつお粉はかつお節と顆粒のかつおだしの中間の存在なのですが、お好み焼きにかけるにはかつお節に比べて見た目や食感が控えめで、汁物に入れるには粉が残るのを考えると、かつお粉を買うならかつお節と顆粒のかつおだしを分けて買う方がいいのではないかという気がしました。

スポンサーサイト
2016.10.25 02:30 | 未分類 | トラックバック(-) | コメント(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。