東方の海

サブカル考察など。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

みなさんはt検定をしたいと思うことが多々あると思います。

コンピューターは便利なので、関数を入れれば勝手に計算してくれます!すごい!


さて、Excelのt検定でp値とt値を出してみましょう!

確率(p値)=T.TEST(集団1,集団2,2,2)

3つ目の変数は片側なら1、両側なら2です。

4つ目の変数は対応ありなら1、対応なし等分散なら2、対応なし非等分散なら3です。

さて、計算の結果、(p値)=0.08となったとします。

また、自由度=22とします。

  • (t値)=TINV(0.08,22)=1.835417
  • (t値)=T.INV(0.08,22)=-1.45424
  • (t値)=T.INV.2T(0.08,22)=1.835417

!?!?!?!?2つ目のだけ値が変わっています……。これはどうしてなのでしょうか(疑問)

実は、1つ目のTINVはExcel 2007までと互換性を残すための関数です。2010あたりからT.INV系が使われ出したのですが、2007までのTINVにあたる関数はT.INVではなくT.INV.2Tだったのです!!!!

よく説明を読んでみると、

  • TINV:この関数は Excel 2007 以前のバージョンと互換性があります。スチューデントの t-分布の両側逆関数を返します。
  • T.INV:スチューデントの t-分布の左側逆関数を返します。
  • T.INV.2T:スチューデントの t-分布の両側逆関数を返します。

ということでした。説明はちゃんと読もうね!!!!!!(泣)

TINVに.をつけたら違う機能になるのはやばいでしょ!!

スポンサーサイト
2017.01.26 00:18 | 未分類 | トラックバック(-) | コメント(0) |

今更ですが、備忘用にアイデアを書き残しておきたいと思います。


サードパーティー製Twitterクライアントの事実上の排斥も落ち着き、いくつかのクライアントが生き残っていますが、1つだけ作ってみたい機能があります。

それは、「マルチアカウントを統合したタイムラインのログ保存」。


私は最初デスクトップ用クライアントとしてTweenを使っていて、ログ保存を行っていました。しかし、データが膨大になり、解析もできなそうなので泣く泣く放棄。そこで私は思いました:


マルチアカウント全てのストリームを統合したタイムラインとログ取り機能がほしい!


やることはシンプルです。

  1. オープンソースであるOpenTweenをベースにする
  2. 複数UserStream同時受信に対応する
  3. 全ての受信データを1つのタブに集めるようなタブを作る
  4. 自動CSV出力を付ける

のみです。しかし、さすがに時間の余裕もないのでこれは今のところお蔵入りとなっています。

あと、デスクトップアプリでログ取りをするにはパソコンを起動し続けなければならないので、もしこれができたらレンタルサーバー上に配置すれば自動ログ取得してくれるサーバーアプリも作れると嬉しいなと思ったけど、優先度は低いですね。

2017.01.13 17:33 | 未分類 | トラックバック(-) | コメント(0) |

前記事:スクフェスEX譜面片手フルコン表作成を目指す


昨年の夏にスクフェスEXの片手フルコンチャレンジを始めておよそ半年になりました。途中でデレステMASTERの片手フルコンチャレンジも加わり、達成曲も増えて難易度表もできてきました。

そこで、自作の難易度表を公開したいと思います。

(CSV形式テキストです。右クリックメニューから「名前を付けて保存」で保存できます。)

難易度表示はスクフェスもデレステも、デレステの両手Lv25フルコンを基準として+何Lv分か、をイメージしています。(例えば、難易度3なら両手でLv28の M@GIC☆ を初フルコンするまでくらいのつらさです。)2ゲーム間で整合性が取れるよう意識しています。


最近やる時間の余裕がなくなってきていて、スマホの処理落ちも両手で簡単な譜面ですらフルコンが厳しいほど酷くなってきているため、ちょうど年明けのこの機会をもって、片手フルコンチャレンジは終了し、片手フルコン表の更新は停止したいと思います。



2017.01.12 15:32 | 未分類 | トラックバック(-) | コメント(0) |

続きです。

前記事:無料レンタルサーバーでmoodleを運用する(その1)


さて、moodle2.2.11をアップロードし、moodleフォルダとmoodledataフォルダのパーミッションを705から777(全て許可)にしてインストール開始。

ちなみに、moodle2.2.11は、ファイル数9223、フォルダ数2746、サイズ88.6MBです。システムファイルだけで100MBは使いそうなので、やはりレンタルサーバーの容量は最低500MBは必要でしょう。WEBCROWの広告が思ったより大きくて邪魔なこともありますが、無料でPHP/MySQLを使えるのと、今回は試験運用なので、広告は気にしないことにします。少し(月に1000円前後)課金すれば大抵のところでは広告なしでもっと安定した接続ができるので、本格的に運用する方は課金しましょう。

インストールにおいては、以下のサイトを参考にしました。

所々で、

Deprecated: Methods with the same name as their class will not be constructors in a future version of PHP; tabobject has a deprecated constructor in /home/(ドメイン)/(ドメイン).webcrow.jp/public_html/moodle/lib/weblib.php on line 2504

Deprecated: Methods with the same name as their class will not be constructors in a future version of PHP; admin_setting_special_gradelimiting has a deprecated constructor in /home/(ドメイン)/(ドメイン).webcrow.jp/public_html/moodle/lib/adminlib.php on line 4371

Deprecated: Methods with the same name as their class will not be constructors in a future version of PHP; environment_results has a deprecated constructor in /home/(ドメイン)/(ドメイン).webcrow.jp/public_html/moodle/lib/environmentlib.php on line 1056

Deprecated: Methods with the same name as their class will not be constructors in a future version of PHP; component_installer has a deprecated constructor in /home/(ドメイン)/(ドメイン).webcrow.jp/public_html/moodle/lib/componentlib.class.php on line 155

Deprecated: Methods with the same name as their class will not be constructors in a future version of PHP; filterobject has a deprecated constructor in /home/(ドメイン)/(ドメイン).webcrow.jp/public_html/moodle/lib/filterlib.php on line 424

Deprecated: Methods with the same name as their class will not be constructors in a future version of PHP; filterobject has a deprecated constructor in /home/(ドメイン)/(ドメイン).webcrow.jp/public_html/moodle/lib/filterlib.php on line 424

Deprecated: Methods with the same name as their class will not be constructors in a future version of PHP; tabobject has a deprecated constructor in /home/(ドメイン)/(ドメイン).webcrow.jp/public_html/moodle/lib/weblib.php on line 2504

のようなメッセージが出ましたが、非推奨というだけなので無視することにしました。そして、無事にサーバチェックとシステムインストールが完了しました。


しかし、その後、

PHPセッションを初期化できません、あなたのブラウザがクッキーを受け付けるかどうか確認してください。

というエラー画面になりました。しかし、「続ける」を2回くらい押すと、最高管理者アカウントの作成画面に遷移し、事なきを得ました。

そしてフロントページ設定も行い、見事moodle管理者ページが出現しました!

なお、display_errorsはエラー文字列に内部機密が含まれるためオフを推奨されたので、php.ini設定変更からオフにしました。また、moodleフォルダのパーミッションを777から705に戻しました。

それ以降、今のところ致命的な問題なく使用できています。

ただ、「マイプロファイル設定>プロファイルを編集する」で

例外 - Call to a member function getAttribute() on null

のエラーとなり、プロファイルを編集できませんでした。そこで、PHPのバージョンを7.0.7から5.6.22に下げたところ、プロファイルを編集できるようになりました!天才!やはり7は5の上位互換じゃない部分が潜んでいたんや!


ということで、「WEBCROW」に「moodle」をインストールすることに成功しました。バージョンは、moodleは2.2.11、PHPは5.6.22、MySQLは5.0.95です。問題は今のところ見つかっていません。WEBCROWにmoodleをインストールするのに成功した報告記事は、なんとこの記事が世界初です!(日本以外でWEBCROWを使う人はいないでしょうし、moodle用には1GBでは少ないため大容量の有料サービスを使うので、それはそうといった感じですが。)

これで、バージョン更新は3年前と少し古いですが、完全無料でmoodleが使えるようになり、受験生に役立つオンラインサイトの実現に向けて大きく前進しました。あとは肝心の中身ですね!あっ…(察し)

2017.01.08 00:36 | コンピューター | トラックバック(-) | コメント(0) |

結構長期の試みになりそうです。

大学入試過去問研究会(かこけん)で長く細々と活動してきて、最近は参考書並みの大型記事を書いているのですが、それと並んで、選択肢問題などをウェブサイト上で解けるようにして模試などを公開したいという野望があります。それを実現する1つの方法が、moodleと呼ばれる教育用のLMS(学習管理システム)です。

moodleは5年前は日本ではほとんど普及していませんでしたが、最近は東京大学英語部会を始め数十以上の様々な大学で利用されるようになっています。

特筆すべきは、テストを出題してその場で自動採点というのが簡単にできることで、選択問題や多答問題、記述問題など様々な形式の問題を作れます。大学入学後に使えるように慣れておきたいという目的もありますが、これは大学受験生にも効果的ではないでしょうか。

ということで、無料レンタルサーバーにmoodleをインストールして運用するのを目標にやっていきたいと思います。

容量を重視し、2GB利用できるHostingerや20GB利用できる2freehostingなどを見ましたが、自動インストーラーがあるものの、セキュリティ上の問題(日本のセキュリティソフトだと確実にブロックされる)、moodleが正常に動かない、FTPがエラーで使えない、アカウント管理が雑、などを鑑み、使用は諦めました。「アカウント管理が雑」については以下のページが参考になるかと思います。

Hostingerを使ってはいけない3つにして最大の理由 - NAVER まとめ

まともなサービスにしよう(そもそも無料という時点で信頼に足るものはほとんどないのだが……)と思い、色々考慮した結果、WEBCROWを試してみることにしました。


まずネットオウルIDを登録し、WEBCROWの無料版のPHP/MySQLオプションパックを契約。スマートフォンからの閲覧時のみ広告が表示されるとされていますが、現在PCからのアクセスでも広告が表示されています。DNS更新間隔によっては登録から最悪12時間経たないとページが表示できないので気長に待ちます。

ネットオウルではセキュリティの都合上SSH接続はできないようです。

FTPアクセスは、FileZillaを用いて、

ホスト:svX.webcrow-php.netowl.jp

ログオンの種類:通常

ユーザ:(取得したサブドメイン).webcrow.jp

パスワード:(FTPアカウント設定から登録したパスワード)

でアクセスできます。他の多くのサービスとは異なり、トップがpublic_htmlで最上層扱いです。トップがいきなりウェブフォルダです。そのため、public_html外のフォルダを作れませんが、Apacheで.htaccessが使えるので、UTF-8で

order deny,allow
deny from all

と書いたテキストファイルをアップロードし、「.htaccess」にリネームしてアクセス禁止にします。

moodleの完全版のzipをダウンロードします。PHP7.0.7対応なので、今回は最新版のバージョン3.2を試します。ダウンロードしたzipをローカルで解凍し、FTPでトップにmoodleフォルダをアップロードします。16000ファイル・145MBありますので、かなり時間がかかります。なお、FileZillaだとなぜか空ファイルへの上書き確認されるのが何回も起こるので、キューを全て上書きにしました。


データベース設定からMySQL追加でUTF-8でMySQLデータベースを作成します。次に、MySQLユーザー設定でユーザーを作成します。MySQL一覧で作成したデータベースに作成したユーザーを追加します。


FTPでトップにmoodledataフォルダを作り、.htaccessでアクセス禁止にします。


トップにアクセスしてデフォルトページが見られることを確認してから、moodleトップにアクセスします。

ウィザードに従ってインストール設定をしていきます。インストールに失敗した場合はconfig.phpを削除してmoodleトップにアクセスすれば再び最初からウィザードを始められます。

「Choose a language」…デフォルトが「English (en)」なので「日本語 (ja)」に変えます。

「パスを確認する」…「ウェブアドレス」「Moodleディレクトリ」は変更できません。「データディレクトリ」はデフォルトの「/home/(サブドメイン)/(サブドメイン).webcrow.jp/moodledata」のままにします。

「データベースドライバを選択する」…デフォルトの「Improved MySQL (ネイティブ/mysqli)」のままにします。

「データベース設定」…「データベースホスト」はMySQLホスト名(mysqlX.webcrow-php.netowl.jp)にします。「データベース名」「データベースユーザ」「データベースパスワード」はデータベースのものにします。テーブル接頭辞はデフォルトの「mdl_」のままにします。「データベースポート」「Unixソケット」は空のままにします。

「著作権表示」…ライセンス情報を読んで承諾するなら「続ける」を押します。


このあと「サーバチェック」に移るはずが、ここでエラーが発生し、エラーページに。

よく見たら、PHP7.0.7・MySQL5.0.95で、PHPは大丈夫でしたがMySQLはMoodle3.2(PHP5.6.5・MySQL5.5.31)に届かない!普通ネックになるのはPHPのバージョンだと思うのですが……。MySQLバージョンが低いなんて想定外デース……。

なんとMoodle2.2.11(PHP5.3.2・MySQL5.0.25)までバージョンが下がります。仕方ないので、一旦ファイルを削除して2.2.11のインストールを試すことにしました。


長くなったのでここで一旦切りたいと思います。


次記事:無料レンタルサーバーでmoodleを運用する(その2)

2017.01.07 02:41 | コンピューター | トラックバック(-) | コメント(0) |

あけましておめでとうございます。新年早々アニメ三昧です。

さて、『君の名は。』の大火についての新たな気付きがありました。


という感じです。これは、2016年12月22日に発生した新潟県糸魚川市大規模火災において、出火原因がラーメン屋「上海軒」の主人が鍋を空焚きしたまま外出したことであるのを思い出して気付いたものです。約140棟に延焼し、4人が怪我、744人に避難勧告が出されたとのこと。死者が出なかったようなのが幸いですが、つらい火災となり、現在は古い家屋や街並みが防火対策できていないことが糾弾されているようです。家を取り壊して消火するしかなかった時代には、もちろん放火は重罪で、過失でも火災の原因となった場合はとても重く咎められていたと思われます。


話が逸れましたが、『君の名は。』では「繭五郎の大火」と名前がついているということは、繭五郎さんの処罰をはじめ、相当な規模の火災であったことが考えられます。草履屋の風呂からの出火で、お宮(宮水神社)も古文書も焼失しており、宮水神社は再建されたことがわかります。この風呂場火災ですが、おそらく草履の原料となる藁を風呂釜の前で乾燥させながら風呂に入り、藁が倒れて燃え移り誰も見ていなかったため延焼したパターンではないかと推測しています。糸魚川火災で鍋に火をかけたまま外出したのと同様、度が過ぎる不注意による予見が容易な人災です。

ということで、上記の気付きを得ました。間違っているかもしれませんが、このような背景があったのではないかと考えるのには深いものがあります。


今の季節、火災は非常に怖いので各位火の管理には気を付けましょう。

2017.01.07 02:00 | 未分類 | トラックバック(-) | コメント(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。