東方の海

サブカル考察など。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

素因数分解を多項式時間で解く方法については様々議論されています。Shorのアルゴリズムから隆盛して近年量子コンピュータの研究が盛んですが、古典的コンピュータではもはやP≠NP予想であり、成否どちらも証明できるかは怪しいものとなっています。

さて、それについて、2012年11月15日(木)に、あるツイートがTwitterの一部界隈をにぎわせました。不思議な人物が彼にそれについての研究成果らしき紙束を渡したのです。しかし、中身は意味不明な表ばかり。筆者も当時読んでみましたが、方法が書かれているのか補題までなのかすらわかりませんでした。


yamu_chaさんが垢消しをしてしまったので、リンクだけ貼っておきます。(まさか真理に触れてしまったのだろうか……?と思ったけど、普通に卒業?とともに垢消ししただけっぽい?行方をご存知の方はぜひ知らせていただけると嬉しいかも。)

元ツイートURL:https://twitter.com/yamu_cha/status/268878201890144256

該当ツイートのぱくったー:http://lovelove.rabi-en-rose.net/pakutter.php?tweetid=268878201890144256

流れ:http://twilog.org/ps_maru/search?word=%40yamu_cha&ao=a

画像:http://www.mobypicture.com/user/yamu_cha

画像は荒いです。yamu_chaさん自身がスキャンしたpdfのリンクをツイートしていたのでそこからダウンロードしたのですが、元リンクが不明となっており、とりあえずこれだけ。

ぱくったーによると、約870Fav・約180RTいっていたようです。


もし正しい方法が書かれているのであれば数学史上最大のイベントの1つとなり世界中の暗号が揺るがされてしまいますが、個人的にはこの資料だけでP≠NP予想の解決までいくものではない気がします。もし解読できる方がいましたらぜひ挑戦してみてください。

スポンサーサイト
2016.05.31 02:59 | 数学 | トラックバック(-) | コメント(0) |












管理者にだけ表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。