FC2ブログ

東方の海

サブカル考察など。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
備忘用の高校生物人名まとめです。

細胞・遺伝
1665 ロバートフック 細胞(cell)の命名(コルク)『ミクログラフィア』
1674 レーウェンフック 顕微鏡で生物を観察
1831 ブラウン 核の発見
1838 シュライデン 細胞説(植物)
1839 シュワン 細胞説(動物)
1855 フィルヒョー 細胞説「全ての細胞は細胞から生じる」
1865 メンデル メンデルの法則(分離・独立・優性)
1869 ミーシャー 核酸の発見
1900 コレンス・ドフリース・
チェルマク メンデルの法則の再発見
1902 サットン 染色体説(バッタ)
1910 ベイトソン・パネット 連鎖(スイートピー)
1913 モーガン 染色体地図(キイロショウジョウバエ)
1927 マラー X線による突然変異
1928 グリフィス 形質転換(ネズミ・肺炎双球菌)
1941 ビートル・テータム 一遺伝子一酵素説(アカパンカビ)
1944 エイブリー 形質転換はDNAによる
1950 シャルガフ シャルガフの法則
1952 ハーシー・チェイス 遺伝子の本体がDNA(大腸菌・T2バクテリオファージ)
1953 ワトソン・クリック DNA二重螺旋モデル(ウィルキンスによるX線回折)
1958 メセルソン・スタール DNAの半保存的複製
1961 ジャコブ・モノー オペロン説
1962 ガードン 体を構成する全ての細胞は全ての遺伝情報を持つ(カエル)
1966 岡崎令治 岡崎フラグメント
1976 利根川進 VDJ再構成
発生
1881 ルー モザイク卵(ウニ)
1892 ドリーシュ 調節卵(ウニ)
1866 ヘッケル 反復説「個体発生は系統発生を繰り返す」
1898 フィッシェル モザイク卵(クシクラゲ)
1921 シュペーマン 予定運命(イモリ)
1924 シュペーマン 形成体(イモリ)
1926 フォークト 原基分布図(イモリ) 局所生体染色法
1962 下村脩 イクオリン・GFPの発見
1969 ニューコープ 中胚葉誘導(アフリカツメガエル)
1977 サンガー サンガー法(ジデオキシ法)
1977 マクサム・ギルバート マクサム・ギルバート法(化学分解法)
1992 大隅良典 オートファジーの発見
1997 ウィルムット クローン動物(ドリー)
2006 山中伸弥 iPS細胞
動物・植物
1648 ヘルモント 木の重量増加は水に由来する
1771 プリーストリー ハッカとネズミの実験
1779 インゲンホウス 光合成には光が必要
1838 藪田貞治郎 ジベレリン分離
1843 リービッヒ 最小律(ドベネックの桶)
1862 ザックス 光合成でデンプンができる
1880 ダーウィン 屈性の発見
1882 エンゲルマン 光合成は葉緑体で行われる(アオミドロ)
1907 ラウンケル 植物の生活型
1911 ブラックマン 光合成の限定要因説
1913 ボイセン・イェンセン オーキシンは光の当たらない側を通る
1919 ウェント オーキシンの発見
1931 ケーグル オーキシンの単離
1933 クレブス オルニチン回路
1937 クレブス クエン酸回路
1939 ヒル ヒルの実験(ハコベ・シュウ酸鉄Ⅲ)
1941 ルーベン 光合成の酸素は水由来(クロレラ)
1949 ベンソン 明反応と暗反応
1950 カルビン・ベンソン カルビン・ベンソン回路(2次元クロマトグラフィー)
動物の行動
1902 パブロフ 条件反射(イヌ)
1919 フリッシュ 8の字ダンス(ミツバチ)
1942 キャノン ホメオスタシス
1948 ティンバーゲン 信号刺激と本能行動(イトヨ)
1949 ローレンツ 刷り込み(ハイイロガン)
1954 ハクスリー 筋収縮の滑り説
分類・進化
1735 リンネ 二名法 二界説
1809 ラマルク 用不用説
1859 ダーウィン 自然選択説『種の起源』
1868 ワグナー 地理的隔離説
1885 ロマーニズ 生殖的隔離説
1885 アイマー 定向進化説
1885 ワイスマン 生殖質説
1901 ドフリース 突然変異説
1908 ハーディー・ワインベルグ ハーディー・ワインベルグの法則
1942 ハクスリー 総合進化説の命名
1968 木村資生 中立説(中立的突然変異浮動説)
1959 ホイタッカー 五界説
1982 マーグリス 五界説変更
生物群落
1847 ベルクマン ベルクマンの法則(寒いと体が大きくなる)
1877 アレン アレンの法則(寒いと突起物が小さくなる)
1975 ホイッタカー 植生型(植物群系)と気候の関係
生命・衛生
1796 ジェンナー ワクチンの開発(天然痘)
1668 レディ 自然発生否定(ウジ)
1861 パスツール 自然発生否定(白鳥の首フラスコ)
1882 コッホ 結核菌の発見
1882 リンガー リンガー液の開発
1894 北里柴三郎 ペスト菌の発見
1901 ラントシュタイナー ABO血液型の発見
1929 フレミング ペニシリンの発見
1936 オパーリン コアセルベート
1953 ミラー ミラーの実験(還元大気)
1967 マーグリス 細胞内共生説
1978 柳川弘志・江上不二夫 マリグラヌール
1979 大村智 イベルメクチンの開発
スポンサーサイト
2018.07.08 02:35 | 未分類 | トラックバック(-) | コメント(0) |












管理者にだけ表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。