東方の海

サブカル考察など。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
先日、魔騎士を受けてきました。188クレ目でした。その様子をレポートいたします。

まず、コース選びから。
当時既に単曲ノマゲクリアしていた課題曲は、放課後ストライド・Engraved Mark・有頂天ビバーチェ・Bad Apple!! feat. nomico・Absurd Gaff・メイガスナイト ~Arr.Demetori・Dynastyのみでした。これらの曲目からして、魔騎士を受けるなら候補コースは1B・1C・3A・3Cに絞られていました。
魔騎士では、3Aのメイガスナイト ~Arr.Demetori Demetori・PANIC HOLIC・Hyper☆Chipspaceの回が一般的に最も簡単と言われています。メイガスナイトはクリアしていましたが、PANIC HOLICは未クリア(約60%)、Hyper☆Chipspaceはサビの強化版セツナ配置のせいで未クリア(約40%)で、当時受かる見込みはありませんでした。
また、ボスが未プレイな1B・3Cに初見で挑むのはもっと危険でした(ブロックがあまりにも不足していてインプットすらできていませんでした)。3CのScarlet Pinheelがインプットに約2000Blcもかからなければ、たぶん3Cを選んでいたでしょう。
そして残ったのが、1CのBad Apple!! feat. nomico・Absurd Gaff・HAELEQUINの回のみでした。Bad Apple!! feat. nomicoは約95%クリア、Absurd Gaffは直前に100%クリアを達成していました。なお、HAELEQUINは初回で63%クラッシュをしたものの段々落ちてきていて直前で18%クラッシュをしていました。HAELEQUINは魔騎士の中でもクリアは相当難しい曲らしいと知ったのは魔騎士を受ける直前でしたが、できそうなコースがこれしかなく、できそうと感じていたので受けてしまいました。

魔騎士1C1曲目

1曲目はこのようになりました。14中盤で既にクリアしていたからか、安定して9300k・90%クリアができました。Sゲージだと95%は残りませんでしたが、次のGaffがあるのでカバーできる範囲内でした。

魔騎士1C2曲目

2曲目は以下のようになりました。悪林檎からちょっと回復し、95%まで戻りました。スコアは低く、途中で70%程度まで落ち込みましたが、後半で立て直してなんとか持ちこたえました。これならハーレができなくても通過できると思いました。

魔騎士1C3曲目

そして3曲目は以下のようになりました。ハーレは5回ほど練習していたので、中盤まではほぼ落とさずに高レートを保っていました。後半の難所直前では98%残っていました。これなら余裕だと思いました。
ところが、わずか十数秒の難所で、鍵盤苦手の私の地力では一気に削られていきました。だいたい適当に押していれば、EFゲージでは30~40%程度削られるだけで済んだのに、今回は3%まで落ちました。その落差、なんと95%。30%以下ではゲージ減少緩和があるのも考慮すると、圧倒的な落差です。ブラスターモードでもここまで一瞬で落ちた経験はなかったと思います。これは想定外でした。指を動かしながら、「あっ、落ちる」と直感して茫然としました。
難所の最後、ラスト直前のトリルのところがちゃんとハマったので、3%で減少を食い止めて5%でクリアできました。

と、こんな感じで、魔騎士に合格しました。まさかハーレにここまでやられるとは思ってもいませんでした。が、このコースは1,2曲目で100%近く取ってハーレ難所直前で95%程度残っていれば、乱打が苦手でもクリアできうることが証明されました。ただ、どう考えても通常は3Aの方が楽でしょう。ハイパーチップスペースのセツナ配置では適当に押したとしてもここまでは削られないでしょう。

そして、ハーレを超えた後にもう一段階難所がありました。称号変更プロンプトのときに写真を撮っていたら、なんと勝手にカーソルが移動し始めたのです。左右のつまみを回して見たものの、カーソル移動は止まりません。確率2分の1で称号を魔騎士に変更できるゲームと化しました。……負けました。そして称号は麗華のままになりました。
つまみの機構は放置してるとだんだん電気がたまって誤作動を起こすのかもしれません。強制終了や感電などがなければまあいいやとは思いますが、回転方向逆認識の問題もあり、つまみの電子回路はぜひとも改善してほしいと思いました。

なお、1コースでもクリアできそうなら次の段位を受けてしまうのは、「一応称号取ったんだしその課題曲までの譜面ならもっとできるはず」という謎の自信がよい影響になると思うからが大きい理由です。その後ボスに再び挑む時がつらいのですが、だいたいのコースがクリアできるようになってからでもいいのですが、先に合格できればアメと小さい目標が増えてメリットかなと思います。ただ、舞い上がり過ぎないようには気を付けています。まだ経験が浅いので、メンタル面やコンディションが技術面よりも影響があるので、メンタル面を優先した感じです。ただ、これにはかなりのトレードオフが生じる場合があるので、人によるでしょう。特に、1回で合格できなかった場合はたいていつらいことになると思います。雷電は1回取った後に他のコースに何度も挑戦してスキアナ落ちは経験しましたが、1回目ではないのであまりショックは大きくありませんでした。

以上、電子の雲の向こう側からお伝えしました。
スポンサーサイト
2015.08.14 01:53 | SOUND VOLTEX | トラックバック(-) | コメント(0) |












管理者にだけ表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。